就職活動の準備

就職活動の成否を分けるには、どれだけ下準備をしておくことができるかがポイントです。具体的にはどのような準備をしたら良いのでしょうか。まずは自分自身を振り返り、自己分析をしなければなりません。過去してきたこと、将来していきたいこと、自分には何ができ、何をしたいのか、改めて考えていくことです。自己分析をきちんと行うことで、履歴書作成や面接のときにはっきりとアピールできるようになります。現在に至るまでやってきたこと、学んできたことを見直します。そこから何を得たか、今どんなことができるのかをはっきりさせます。その中から、他の人より得意なものは何かを見つけ出して行きましょう。将来象はどんな風に描いているか、そこに行き着くためには何が足りないか、何をすればいいものなのかを考えながら目標を見さだめます。自己分析ができたら就職活動をするための書類を作成します。エントリーシートは最近ではほとんどの企業で採用されている選考書類です。どんなことを書くかは各社のエントリーシートによって違いますが、共通点も幾つかあります。人生観や職業観を問うような質問です。自己分析をしっかりとしておけばすぐに書くことができるでしょう。企業が変われば書き方も変わらざるをえない項目もあります。志望の動機や、希望する働き方などです。自分がやりたいことを明確に書きましょう。自分の考えをはっきりさせておくことで、就職活動の書類作成をスムーズに進めることができるでしょう。

就職活動のすすめ方

効率良く就職活動を行うためには、どんなことをすべきなのか、ピンとこないという人もいます。就職活動をするときにはどんなことをしたら良いのでしょうか。一般的には就職活動のスタートは会社説明会です。会社ごとに行われる説明会は、セミナーと呼ばれるものもありますが、企業側が会社についての説明を行い、求人内容や採用日程についての説明をします。単純に会社説明を行うのみのところもあれば、面接や選考を行う会社もあります。参加者には筆記具を持って来るように言っておき、筆記試験を行って一次選考をする会社もあります。OB訪問をしておくことは、就職活動の役に立つでしょう。会社が採用したいのはどんな人か、社内の空気感はどのようなものかを、OBの話を聞くことで社会人の空気をじかに感じられます。OB訪問をするときは就職活動の方法を聞くのではなく、企業についての情報収集をすることが大切です。OB訪問をした時の態度は、人事に伝えられることがあります。敬語を忘れず、それでいて緊張しすぎないことがOBと話す時には大事です。インターシップという制度もあります。学生が一定期間企業の中で研修生として働くことで、自分の将来に関連のある就業体験を行うことができる制度です。インターシップを受け入れる企業側も、見込みのありそうな人物を発掘するチャンスになっています。インターシップに参加することで、就職活動に弾みをつけておくのもいいでしょう。

就職活動の面接

どんな形であれ就職活動をする以上は、ほとんどの場合面接があります。面接がうまくいくかで、就職活動の出来ばえが変わります。面接で成功するためには就職活動中にしっかりと準備をしておくことが大切です。どんなことをしておけば、面接を有利に運べるのでしょうか。面接には集団面接と個人面接があります。企業側の人数は色々ですが、面接を受ける側が複数人数で受け答えをする形が集団面接と呼ばれる面接となります。一次面接など採用試験の序盤に多く行われるのが集団面接であり、自己紹介や自己PR、社会人としてのマナーなどが見られます。多人数の中に埋もれてしまわないように、きちんと発言できるかが大事です。また、応募者側が1人の面接を、個人面接といいます。集団面接とは違い、一人にじっくり時間をかけて把握することが目的なので就職活動の中でも終盤に行われることの多い面接です。どうしても、じっくりと見極められる場になってしまいますが、緊張しすぎないことがポイントです。就職活動をしながら面接の練習をしておくことが必要です。わかりやすく、要点を押さえた発言をすること、相手を見て話すこと、会話を成立させること、聞きとりやすい話し方をすることなどが面接では必要になってきます。就職活動では避けて通れないところですので、面接準備は入念に行いましょう。